ガラス修理を依頼するなら紫外線対策にもこだわろう

合わせガラスは紫外線を99%以上カットしてくれる

ガラスには紫外線を防ぐ効果を持っています。その中でも合わせガラスには紫外線をカットすることができるこのような特徴があります。合わせガラスとは2枚の板ガラスを中間膜に加熱して圧着させて貼り合わせたガラスのことで、紫外線を99%以上防ぐことができます。普通の板ガラスにも紫外線を防ぐことができますが、合わせガラスはガラスを3枚使用しているため効果を高めているのです。紫外線が室内に入らないようにして、子供達が紫外線を浴びないように防げます。また、紫外線の影響による室内にあるものの色褪せを防ぐ効果も得られます。中間膜がある合わせガラスならば、たとえ割れてもガラスが飛散することはありません。それだけではなく、簡単に割れない構造ですから空き巣の被害を防ぐことも可能です。

簡単に紫外線カットをしたいならフィルムもおすすめ

紫外線が気になるがガラス修理を依頼するとなると、ガラス屋から合わせガラスを購入して取りつけないといけません。ですが、他にも簡単に紫外線を防ぐことができます。

実際に幼稚園でも使われています

フィルムを業者に貼ってもらいました!(女性/保育園勤務)

安全のために学校用強化ガラスと交換しましたが、今度は園児達への紫外線が気になります。交換したばかりで他のガラスに変えるのは勿体ないと思っていましたが、業者でガラスに貼る紫外線対策のフィルムをお勧めされました。これなら費用も安く、安全性と紫外線対策の2つを取り入れることができたのです。

ガラスフィルムを貼ることによって、紫外線を防いで様々な効果を得ることができます。その効果はこのようなものがあるので紹介します。

紫外線カットフィルムの3つの効果

皮膚がんやシミなどの発生を抑える
紫外線を浴びることにより、皮膚が変質してシミができてしまい酷くなると皮膚がんになります。フィルムを貼ることにより病気の予防になるのです。
昆虫の飛来予防
虫は照明器具から出る紫外線に反応し、家の中に入ってきます。外に紫外線が出ないようにすれば飛んでくることはありません。
省エネになる
夏は外の熱を遮断することができ、エアコンの効き目を高めて電気代の節約に繋がります。冬も断熱効果によって部屋を温かくすることができるのです。
TOPボタン